• 口コミ比較ランキング
  • お役立ち情報
  • 基礎知識
リノベーション > お役立ち情報 > 中古物件リノベーションでは住宅の耐震性が重要

中古物件リノベーションでは住宅の耐震性が重要

人気ランキングはこちら≫≫≫


リノベーションをする物件はそれぞれ耐震強度が異なり、耐震基準を満たしていない場合は耐震補強が必要となります。
耐震基準は1981年(昭和56年)に改正され、改正以降に建てられた住宅は大地震にも強い構造になっていますが、改正以前に建てられた住宅は耐震性が不足している可能性があります。
改正以降に建てられた住宅でも経年による劣化によって耐震性が低下している場合もあるので、リノベーション前に耐震補強が必要かどうかを検査してもらいましょう。

これから中古物件を購入してリノベーションをされる方は、住宅の耐震性を考慮して物件を購入されることを推奨します。
もし住宅購入後に耐震補強が必要であることが分かると、想定していた予算をオーバーしてしまう可能性もあるため、予算内でリノベーションをするためにも耐震性の把握は必要です。
古い住宅は物件価格が安いですが耐震性が低い可能性があり、多くの耐震費用がかかってしまう場合があります。
耐震補強が必要でも物件価格が安いなら予算内におさめることができますし、安いと思って購入しても思った以上に劣化が進んでいることもあるので、耐震性は物件購入の大きな判断要素となります。

地震大国である日本ではいつどこでどのていどの規模の地震が発生するかは現在の技術では正確に把握することができないため、大地震に備えて住宅の耐震補強をしておかなければなりません。
1981年以降に建てられた住宅であるか、以前に建てられた住宅であるかはひとつの判断基準となるので築年数をチェックし、住宅の耐震性は充分であるかをリノベーション会社に調べてもらいましょう。
1981年以前、耐震基準改正前に建てられた木造住宅に対しては、国や地方自治体が耐震補強に対する補助金制度を設けているため、補助金を利用するのもひとつの費用節約方法です。
補助金には予算があり、募集戸数も限られてくるため、事前に調べて利用可能であるようなら予算に組み込んでも良いかと思います。

ランキング

リショップナビ

ポイント

リフォーム費用完全公開!安心で選ばれているサイト
全国の優良リフォーム業者から金額の公開されたリフォームプランや事例、ショップを探すことができます。

口コミ評価

お勧めポイントはこれ!!

リショップナビは厳しい審査を通過したリフォーム会社のみで構成されている一括見積もりサイトです。悪徳のリフォーム会社にひっかからないか心配の方は、リショップナビで紹介されているリフォーム会社に相談すれば間違いないでしょう。リノベーションも得意とする業者も多く紹介されていますよ!

リショップナビの公式ホームページを見る
>> リショップナビの公式ホームページを見る

HOME’Sリフォーム

ポイント

40万人以上が登場・利用する安心のリフォーム業者選び・比較サイト。 匿名でリフォーム業者に見積もり依頼。豊富な施工事例や利用者の評判をもとに、 あなたにぴったりのリフォーム会社が見つかります。

口コミ評価

お勧めポイントはこれ!!

ホームズにはリノベーションを得意とする業者のみに見積もり依頼ができます。掲載件数はトップクラスですので、比較検討する場合には便利なサイトといえるでしょう。

ホームプロ

ポイント

全国の優良リフォーム業者から金額の公開されたリフォームプランや事例、ショップを探すことができます。

口コミ評価

お勧めポイントはこれ!!

ホームプロは圧倒的な掲載件数があるため業者をじっくり比較したい方にはおすすめでしょう。但し、多すぎるといったデメリットも同時に存在しています。

ページトップへ

お役立ち情報

基礎知識